人物についてAbout Us

トップページ > 人物について > 会社概要

会社概要

黒龍石墨集団の所属会社:磁龍石墨公司 龍泉石墨公司 禾宇石墨公司 北大荒黒金石墨有限公司

 

青島黒龍石墨集団は以下の実体会社により構成している:黒龍石墨公司、磁龍石墨公司、龍泉石墨公司、中飛石墨公司、佳宝石墨公司、禾宇石墨公司及び黒龍江北大荒黒金石墨有限公司等。

 

青島黒龍石墨有限公司は1987年に創立され、平度市張舎鎮に位置しています。平度市張舎鎮は中国の片状黒鉛の重要な産地で、会社は3つの黒鉛鉱山の採鉱許可証、 1つの雲山鎮の黒鉛鉱脈の調査許可証を持ち、主な製品には中炭素黒鉛、高炭素黒鉛、高純度黒鉛、微粉黒鉛、膨張可能黒鉛、フレキシブル黒鉛板材、黒鉛強化板、黒鉛ヒートシンク、フレキシブル黒鉛充填材料と球型黒鉛などの3百数種類の製品があり、平度市で最も大きい黒鉛生産、高度加工の企業です。全国でも唯一の採鉱、高度加工を一体にしている産業チェーンのある企業です。しかもきわめて少数の廃水のリサイクル利用技術システムのある高炭素黒鉛加工ができる企業です。数年にわたって設備の更新と改修により、現在、従業員人数は668人に抑制しています。当社は研究開発を重視し、国内外のいくつかの有名な研究機構と長期の協同関係を作りました。会社は「平等で、互利互恵」をもとに、心から国内外の取引先が当公司を見学し、訪問することを歓迎します。黒龍公司は優質製品、上質なサービスを国内外の取引先にご提供致します。

 

青島黒龍石墨有限公司と新華錦グループは提携調印式を2009年12月26日午前に行いました。張建華理事長と黒龍公司理事長の車堅亭氏が提携書類に署名し、新華錦グループは正式に青島黒龍石墨有限公司の株主になりました。

 

 

新華錦グループと青島黒龍石墨有限公司が提携契約を締結した後に、黒龍公司は新華錦グループの管理、資産運営、ブランド、国内外の取引先などの方面で優勢を生かして、発展を加速しています。双方提携の後で、第1、中国の黒鉛資源の保護と統合に力を入れて、高付加価値の黒鉛の産業チェーンを作り、双方が鉱物の資源の開発で実質性の進展を得たことを示しています。第2、双方は青島高新区で青島貝可倍炭材料科技有限公司を創立して、主にリチウム電子陰極材料と関連する黒鉛の高度加工製品を生産し、今後のために黒鉛の産業の資源開発と研究を行い、新しいエネルギー、新素材のコア技術と目玉品目を形成し、さらに、リチウム電気産業などに進出するために良好な基礎を打ち立てました。

 

新華錦グループは山東省政府の「省所属の貿易企業の改革再編を進める」の戦略的計画に基づき、新華錦グループ有限公司は山東省紡織品進出口公司、山東工芸品進出口股份有限公司、山東省特芸品進出口公司、中国基地建設進出口山東公司、中国包装進出口山東公司の5社の省所属の貿易企業が共に大規模の企業グループを創立し、2002年6月に実現しました。その後、グループはまた山東省対外貿易グループ有限公司を信託統治しました。現在グループは直属又は持株の企業が132社あり、従業員が17900数人います。国際貿易の主な業務は著しい発展を得て、山東のリードしている地位に位置しています。

 

税関の統計によると、グループが2002年に創立して以来、累計で輸出入額を120億ドル上回って、連続5年は山東省輸出入企業でトップ、中国の最も大きい500社の輸出入企業では第58位です。2008年にグループは輸出入額の20.3億ドルを完成し、売上高139億人民元を実現して、中国の500強の企業で第384位に、山東の百強の企業と青島の百強の企業でそれぞれ第47位と第6位に位置します。

 

著作権所有 青島黒龍石墨有限公司 icp備の记录を号:魯05012478番だった 技術サポート:

人物について | 企業の強みで | 制品绍介 | 连络先